約77%の容量圧縮! 匂いも消す優れもの【生ごみ処理機】を助成金で手に入れる

ホーム > 生ごみ処理機

次の燃えるゴミの日はいつですか? いっぱいいっぱいになってませんか?

燃えるゴミの重ささ 3割を超える、厨芥類(調理くず・食べ残し)と紙類。
そして、その生ゴミを約77%圧縮できるのが、【生ゴミ処理機です(乾燥式)】

使いやすく便利な製品が出てきてますが、、
値段もそこそこします。

そこで、特徴と助成金をまとめてみました。

性能、使いやすさなど、総合1位の【Loofen】を中心に見方を解読していきます。

乾燥式 バイオ式
処理方法風をかけて乾燥させる微生物でゴミを水とガスに分解させる
処理速度早い遅い
電気代常に使用(省エネ工夫あり)基本かからない
運転音する(静音機種あり)しない
大きさ小型化可能(用途次第)ある程度の大きさ必要
方式による対比

(乾燥式)生ゴミ処理機 のメリット

  1. におい対策、コバエ対策
    水分が微生物や雑菌、虫の繁殖を助けます。
    そして、厨芥類(調理くず・食べ残し)が栄養、においの元
  2. 小さくなる! ゴミの日までの保管にいい
    カラカラにすることで、約77%も減量化できます。
    特に乾燥式は減量化までの時間が短いです
  3. 流しがすっきり キッチン周りのヌルヌルなし
    生ゴミ入れを生ゴミ処理機にすることで、一石二鳥以上です

生ゴミ処理機 の選び方、ポイント

  • ゴミ減量化の性能
    乾燥させることで、約77%もの減量化ができます。この点でも乾燥式が有利です。
  • シンプルな使いやすさ
    電源Onだけの操作が理想。
    乾燥し終わったら、熱風を止めたり、緩やかな送風モードになったりが必要
    それらをAIで自動的に行える機種も登場しています(Loofenなど)
  • においの除去、静音性、手入れのしやすさ
    匂い除去には、活性フィルターが有効で、カートリッジ式で取替容易かどうか
    また、食品くずの入れやすさと密閉さ、そして、洗いやすさは相反しがちですが
    大きなBOXと扉式、放り込む口などの工夫をみるのがオススメです。
    静音性は 35db 以下を選びましょう
      
きわめてうるさい90dbカラオケ(店内中央)、犬の吠える声
かなりうるさい70db騒々しい街なか。大声出せば会話できる
普通50dbちょっと気になるが普通に会話できる
問題なし40db図書館ほど
非常に静か30db郊外の深夜
静音性の目安

Loofen 乾燥式生ごみ処理機の特徴

処理効率の高さ
→乾燥式を採用 生ゴミを約77%減量

シンプル操作
→AI自動運転で、省エネ、騒音も30db (ささやきレベル)

助成金が使える
→全国500箇所以上の自治体が助成金で推奨(令和5年5月)
 さらに、公式サイトでは1万円引きも利用可能

家庭用の生ゴミ乾燥機は、助成金対象品目です。
購入金額の50%が支給される自治体が多いため、実質半額で購入できるケースもあります。

購入後に申請する場合は、このような動きになります。
Loofenでは、申請しやすいように、総額の領収書を同梱しています。(分割払いにしていても、総額で記載されています)

家庭用の生ゴミ乾燥機は、助成金対象品目です。
購入金額の50%が支給される自治体が多いため、実質半額で購入できるケースもあります。

購入後に申請する場合は、このような動きになります。
Loofenでは、申請しやすいように、総額の領収書を同梱しています。(分割払いにしていても、総額で記載されています)

購入に申請が必要な助成金もあります。
自治体ページで確認してください。
もったいないですから!

知識/商品 紹介ブログ