生ゴミ処理機について — 家庭用

家電

生ゴミ処理機とは

家庭用生ゴミ処理機とは、家庭で発生する生ゴミを処理するための機械です。一般的には、生ゴミを分解することで堆肥や肥料にすることができます。また、ニオイ消し、容量圧縮に特化した小型機種も人気です。家庭内でのゴミの減量や、肥料の自給自足を目的として導入されることがあります。また、生ゴミを処理することによって、家庭内の匂いや害虫の発生を防ぐこともできます。

【家庭用生ゴミ処理機の特徴】

家庭用生ゴミ処理機は、一般的にはキッチンに設置される小型の機械で、生ゴミを投入口に入れると、刃物で細かく砕いたり、微生物の力で分解したりすることで、発酵や腐敗を防ぎながら、肥料になる堆肥や液肥に変えることができます。堆肥や液肥は、植物の育成に利用することができます。

家庭用生ゴミ処理機は、環境に優しいという点で注目を集めています。生ゴミを分解することで、埋め立て場や焼却場への廃棄物処理の負荷を軽減することができ、地球環境への貢献につながります。また、生ゴミ処理機を使うことで、家庭内の匂いや害虫の発生を防ぐことができるため、清潔で快適なキッチン環境を維持することができます。

ただし、家庭用生ゴミ処理機は、投入できる生ゴミの種類や量に制限があります。例えば、動物性の食品や油脂類は投入できない場合があります。また、処理能力にも限界があり、大量の生ゴミを一度に処理することはできません。そのため、使用前に取扱説明書をよく読んで、正しい使い方を守ることが重要です。

・主な機能 ・・・ 選ぶ基準に
 1.バイオ式か乾燥式か
  両方一度にできる機種は今のところありません。
  家庭菜園している場合は、バイオ式はお得になります。
  とにかく、小さくして匂いなくして捨てる。という場合は乾燥式になります。
 2.裁断機能の有無
  特にバイオ式には合ったほうがいい。
  乾燥で8分の1ほどに圧縮できるのなら、特に不要。
 3.粉砕機能:生ゴミを細かく砕いて、分解を促進する。
 4.除菌機能:細菌やウイルスなどの病原体を除去する。
 5.静音機能:運転時の騒音を低減する。
 6.貯蔵機能:処理前の生ゴミを一時的に貯蔵できる容量がある。
 7.自動運転機能:処理時間や処理の種類を自動で設定してくれる。
 8.自動洗浄機能:定期的な清掃が必要な部分を自動で洗浄する。
 9.センサー機能:処理前の生ゴミの量や状態を感知して処理を最適化する。
 10.フィルター機能:臭いを抑制するフィルターがある。
 11.オートストップ機能:処理中に異常が発生した場合に自動で停止する。
 12.コストパフォーマンス:低消費電力やコストパフォーマンスが良いかどうか。

追記)
 13.デザイン性
 14.助成金、補助金がつかえるかどうか
 15.2023年時点で、全国自治体で「電気式生ゴミ処理機」対応の助成金が多くあります。
   購入にはうまく活用してみましょう。およそ半額になります。

【結論(まとめ)】
バイオ式生ゴミ処理機の特徴を良い点、悪い点に分けると、生ゴミをリサイクルでき、簡単な操作で手軽に使えるという良い点があります。一方、処理能力が限定されていること、非常に臭いが強い場合があること、環境によっては処理がうまくいかない場合があることなど、デメリットも存在します。バイオ式生ゴミ処理機を選ぶ際には、良い点と悪い点をしっかりと理解し、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました